HOME > 製品/サービス紹介 > SpecInsight-NEO (モジュール間結線自動生成)

SpecInsight-NEO (モジュール間結線自動生成)

コンセプト

当社では、お客様に、仕様書と設計・検証の連動性をコンセプトとした商品をご提案いたします。SpecInsight-NEOは、面倒で単純ミスが発生しやすいモジュール間接続を自動化することで、最終製品の設計品質向上や、開発TATおよびコスト削減を図る、というコンセプトのもとに、当社で開発したツールです。

SpecInsight-NEOの機能

SpecInsight-NEOは、以下の優れた機能を持っています。

・入出力端子表と接続情報からモジュール間接続RTLを自動生成します
・RTL記述言語は、Verilog または VHDL から選択可能です

SpecInsight-NEO実行手順

以下の3ステップで、RTLを自動生成することができます。

  1. Excelフォーマットで入出力端子を定義
    1. モジュールレベルの入出力端子を定義
    2. TOPレベルの入出力端子の定義と端子の接続先情報を定義
    3. TOPレベル、モジュールレベル、それぞれでパタメータとして定義した文字列を定義可能
  2. SpecInsightにてデザインルールチェックを実行
    1. ビット幅の不一致、入出力定義の不整合、接続先の未検出などをチェック
  3. SpecInsightでRTL自動生成を実行
    1. 生成するRTLの言語( Verilog or VHDL )を選択し、自動生成を実行


特長

・入出力端子表、接続情報はExcelファイルで作成可能です
 お客様のフォーマットをそのまま使用することもできます
・ビット幅の不一致や入出力定義の不整合をチェックできます

よくあるご質問

SpecInsight-NEOについて、より詳しく知りたい方のために、よくあるご質問をまとめております。

FAQ

ムービーで見るSpecInsight-NEO