Sub-GHz帯RFICデザインサービス - CMエンジニアリング
検証、ワイヤレス設計のベスト・パートナー

Sub-GHz帯RFICデザインサービス

コンセプト (Sub-GHz帯RFICをより早く!より安く!)

当社独自で開発した920MHz帯RFICの設計資産を最大限活用した、Sub-GHz帯RFICデザインサービスをご提供いたします。既存資産の活用によって、お客様オリジナル仕様のRFICの開発を、短期間・低価格で実現します。

1次試作の評価完了まで6ヶ月の短納期を実現

当社開発のRFICの設計資産を個別にカスタマイズすることで、お客様オリジナル仕様のRFICの開発を、最短6ヶ月で1次試作の評価まで完了できます。

サービスの特長

  • 電源電圧1.5V駆動、データ転送速度1Mbpsを実現します
  • 当社開発の920MHz帯RFICの設計資産をフルに活用します
  • アナログ設計、デジタル設計のスペシャリストが、最適なご提案をいたします

設計資産の一部は、IPとしてもご提供可能です!詳細につきましては、お気軽にご相談ください

「低消費電力」、「高速伝送」のRFIC

当社の920MHz帯RFICは、ARIB STD T-108(920MHz帯テレメータ用、テレコントロール用及びデータ伝送用無線設備)に規定される特定小電力無線局の規格に準拠し、IEEE802.15.4g規格の変調復調回路を内蔵しています。

  • 電源電圧1.5V駆動
  • データ転送速度1Mbps

の資産活用で、既存製品にはない「低消費電力」、「高速伝送」を、是非ともご体感ください。

Target Spec

Frequency Range915.9 to 929.7MHz
Modulation/Demodulation2-GFSK/00K
Data Rate100/200/400/600/800/1,000kbps
Channel Spacing200kHz
Power Supply1.5 – 3.6V
Current Consumption (RX mode)15.6mA
Current Consumption (TX mode)17.2mA @0dBm
Current Consumption (Sleep mode)1μA以下
Operating Temperature-40 ~ +85℃
Minimum Sensitivity-107dBm @100Kbps
Maximum Output Power0 dBm
Package48pin QFN