検証、ワイヤレス設計のベスト・パートナー

CMエンジニアリング、新製品の検証自動化ツール「SpecInsight-ACE」の販売を開始

SoCの第三者検証サービス、FPGAトータルサービス、無線通信設計の受託開発、ならびに、920MHz対応の特定小電力無線通信マイコンモジュール「CRESSON-MD920シリーズ」を提供しているCMエンジニアリング株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:河井淳、以下、CME)は、このたび、新製品の検証自動化ツール「SpecInsight-ACE」(以下、本製品)の販売を開始いたしました。


本製品の特長は、機能仕様書の情報からアサーションを自動生成できる点で、導入を検討中の方やアサーション検証に不慣れな方でも、容易に適用できます。また、アサーションをより身近に感じていただくために、本製品ではタイミングチャートの入力と編集を起点に、親しみやすいGUI操作によって、波形ベースでアサーションを描くことができる「タイミングチャートエディタ」を搭載しております。GUIでは、波形入力や編集に加えて、タイミングチャートとアサーションの一覧表示、入力した波形やアサーションコードの出力、日本語でのコメント入力ができます。


本製品を活用することで、手間のかかるタイミングチャートを簡単に描くことができ、かつ、コメントつきの入力波形画面をファイル出力できるため、お客様の機能仕様書にフィードバックいただくことで、仕様書の改善にも繋がり、お客様の最終製品の品質向上にも貢献いたします。


本製品に先駆けて販売中の設計自動化ツール「SpecInsight」とともに、今後はテストベンチ自動生成機能を有した製品の開発を進めており、本年度の第三四半期(予定)を目途に販売を開始させていただく予定です。今後も、SpecInsightファミリーのさらなる拡張を図ってまいりますので、機能の詳細や価格に関することなど、お気軽にお問い合わせください。

CMエンジニアリングについて
CMエンジニアリングは、検証メソドロジを活用した第三者検証サービス、検証技術向上のためのコンサルティング、教育サービスなど、半導体の検証に対するあらゆるニーズにお応えする各種ソリューションを提供しています。
また、ベースバンド技術、RF技術をベースとしたワイヤレス、及び通信ネットワーク製品の受託開発、920MHz帯に対応した特定小電力無線通信マイコンモジュール「CRESSON-MD920シリーズ」の販売など、アナログ設計技術とともに、通信系のLSI設計にも対応できる技術集団として、幅広い分野の商品開発、サービスを提供しています。
 

※記載されている製品名などの固有名詞は、CMエンジニアリングの商標、または登録商標です。
関連リンク : https://cmengineering.co.jp/products/specinsight-ace/

本件に関するお問い合わせ
CMエンジニアリング株式会社 ビジネス企画室・営業部
03-6420-0947(直通)