検証、ワイヤレス設計のベスト・パートナー

組込みシステム開発技術展(ESEC)とソフトウェア開発環境展(SODEC)出展のご案内

このたび、CMエンジニアリングは、組込みシステム開発技術展(ESEC)とソフトウェア開発環境展(SODEC)に同時出展する運びとなりました。

組込みシステム開発技術展では、弊社製品「920MHz帯特小無線通信マイコンモジュール(CRESSON-MD920)」の展示と本製品を活用したデモシステム、FPGA設計品質向上トータルソリューション、およびファームウェア検証プラットフォーム構築サービスをご紹介いたします。特定小電力無線モジュールCRESSON-MD920は、マルチホップ対応のデモをご覧いただく予定です。

また、ソフトウェア開発環境展では、「品川区に拠点を構えるものづくり企業の一社」として、品川区ブースにおいて、「920MHz帯特小無線通信マイコンモジュール(CRESSON-MD920)」の展示と、FPGA搭載の無線通信評価ボード(CRESSON-KT)の静態展示とともに、当社サービスをご紹介させていただきます。

以下に両展示会での出展内容をご案内いたします。この機会に是非ご来場賜り、当社ブースをご高覧下さいます様、ご案内申し上げます。

記1

■展示会名

第16回組込みシステム開発技術展(ESEC)

■会期

2013年5月8日(水) ~ 5月10日(金)
10:00 ~ 18:00 ※最終日の5月10 日(金) のみ17:00終了

■会場

東京ビッグサイト 西展示棟
ブースNo:西6-1
<公式HP ⇒ http://www.esec.jp/

■出展品

920MHz帯無線通信マイコンモジュール(CRESSON-MD920)と適用例のご紹介
2.4GHz帯製品での電波減衰や干渉、性能不足のお困り解消、独自プロトコル搭載による製品の差別化、低予算でのモジュール化に最適な製品です。
マルチホップ対応版モジュールを活用した「見守りシステム」のデモ展示をはじめ、家庭内・工場内のセンサーネットワークなどへの適用例を詳しくご紹介いたします。

FPGAトータルソリューション、FW検証プラットフォーム構築サービスのご紹介
シミュレーションを活用した検証、性能評価、仕様確定前のファームウェアの初期デバッグと仕様の妥当性確認、および仕様書の改善など、FPGAの設計品質向上のためのトータルソリューションサービスです。
複雑化・大規模化するFPGA開発に必要となるテクニックを詳しくご紹介するとともに、FPGA設計でお悩みの問題を解決するためのソリューションをご提案いたします。
 

記2

■展示会名

第22回ソフトウェア開発環境展

■会期

2013年5月8日(水) ~ 5月10日(金)
10:00 ~ 18:00 ※最終日の5月10 日(金) のみ17:00終了

■会場

東京ビッグサイト 東展示棟
ブースNo:東14-15
<公式HP ⇒ http://www.sodec.jp/ja/

■出展品

920MHz帯無線通信マイコンモジュール(CRESSON-MD920)の展示
2.4GHz帯製品での電波減衰や干渉、性能不足のお困り解消、独自プロトコル搭載による製品の差別化、低予算でのモジュール化に最適な製品です。
見守りシステム、家庭内・工場内のセンサーネットワーク、ヘルスケア、セキュリティ
システムなどのアプリケーション開発に適用いただけます。

420MHz 帯/920MHz帯FPGA搭載無線通信評価ボード(CRESSON-KT)の展示
MPU(8051、もしくはCortex M1)、オリジナルの通信プロトコルIP、RFIC、及びペリフェラルを搭載した無線通信評価ボードです。
無線製品開発の実現性検討、ソフトウェアの事前評価、デバッグの容易化、
FPGA領域を使った通信機能強化、アプリケーションのハード化を容易に行えます。