検証、ワイヤレス設計のベスト・パートナー

Smart Sensing2017出展のご案内

 このたび、CMエンジニアリングは「Smart Sensing 2017」に出展する運びとなりました。

本展示会では、920MHz帯対応特定小電力無線通信マイコンモジュール「CRESSON-MD920シリーズ」を活用し、ワイヤレスセンサーネットワークを簡単に構築することを可能にした、現在開発中の「IoTプラットフォーム」のご紹介と、IoTを具現化し、農作物被害抑制と、インフラ設備の劣化把握に適用中の試験導入事例について、デモを交えて詳しくご説明いたします。

ご多忙中とは存じますが関係各所様とともに、この機会に是非ご来場賜り、当社ブースをご高覧下さいます様ご案内申し上げます。

記 

会 期2017年6月7日(水) ~ 6月9日(金)  10:00 ~ 17:00
会 場東京ビッグサイト 東1・東2ホール
ブースNo: SS-16
<公式HP ⇒ http://www.smartsensingexpo.com/
出 展 品 IoTプラットフォーム(開発中)
CRESSON-MD920シリーズをベースに、ワイヤレスセンサーネットワークを  簡単に構築することができる新商品「IoTプラットフォーム」について、デモを交えてご紹介します。ゲートウェイを介して、センサー端末からクラウドサーバー までを一気に繋ぐことができる本商品をベースに、ソフトウェアの開発やカスタマイズ、お客様固有の商品開発も受託しています。高い技術力と多くの開発実績に基づき開発中の商品とサービスの両面から、お客様の考えるIoTを 具現化いたします。
リモートモニタリングシステム
猿や鹿、猪などの鳥獣による農作物の食い荒らし被害を抑制するシステムは、自治体様を中心に、ここまで50台以上が試験導入され、稼働しています。  また、インフラ設備の劣化把握用途では、橋梁や鉄塔等の高所や、工場設備等、多くの人手やコストを要する検査に対する省力化、容易化を実現するために、各所にて実証実験を進めています。各現場での稼働状況把握のリモートモニタリングシステムについて、デモを交えて詳しくご紹介いたします。